お互いの必要を補い合う愛人関係

愛人クラブや交際クラブという、そうした業者を利用すれば愛人を作ることができるサービスがありますが、男性にとっても女性にとってもメリットがあるのでビジネスとして成立している部分があります。男性はとにかく結婚に縛られるような生活は嫌で、必要なときに性的な欲求を満たしてくれる女性を求めることがあります。それはセックスレスになってしまっている夫婦の夫の立場の人たちも、妻との関係が冷めてしまい、そのままでは性的な欲求を満たすことができないので、愛人を作ろうとするのです。そのような男性の場合は家庭を壊さず、自分の必要だけを満たしたいので内緒で愛人関係にすることがほとんどです。

一方女性が愛人のような関係でもいいと思うのは、1つにはたまたま好きになった男性がすでに結婚をしていたので、それを崩壊させてまで略奪することはできなくても、彼が自分の方に向いてくれるときがある限り拒むことはしないという感じでその関係を楽しむのです。また愛人になることで男性からのサポートをもらいたいということがあるかもしれません。生活費やデート代、その他プレゼントなど、尽くしてあげるので見返りとしてのサポートを期待するのです。そうすることでお互いに必要なものを補い合うような関係になるのが愛人という存在です。愛人になる女性は男性よりも若くて、男性から見ると自分の娘のような年齢かもしれず、若くてかわいくて、抱きしめたくなるきれいな肌を持っている美人というイメージがあります。

愛人はいいとこ取りで楽しいのです

愛人は考えようによっては、とても理想的な男女関係だと思います。妻になると、夫の世話をしたり、食事を作ってあげたり、洗濯をしたり、掃除をしたりと色々とすることがありますが、愛人はいいとこ取りで、妻のように夫の面倒を見なくてもいいので楽チンなのです。
いつもきれいにして会って、愛し合って、美味しい食事をレストランで食べて、雑用は一切関係ないのです。
若いうちにしかできないことですが、熟女になっても愛人にしたい女性はいます。
魅力的な女性は愛人にすると、家庭くささがなくてとっても魅力的に感じられます。
私の友達も結婚よりも愛人になりたい、と言っている人がいて、洗濯や掃除をしてやらなくてもいいし、いいときだけを一緒に過ごすことができるので、妻の座よりもずっと居心地がいい、ということです。
私も最近、愛人がいいな、と思うようになりました。結婚すると家庭を守らなければならなくなり、独身の時に付き合っていた頃のままではいられないのです。
でも、愛人だったら楽しいときだけを一緒に過ごせるので、独身のままの魅力的な女性でいられるので老けないし、いつも綺麗でいられます。
愛人は日陰の存在だったのは昔の話で、今では妻よりも愛人の方が魅力的だ、と思う人が多くなっているのです。愛人を持つ男性はそれなりに財力も魅力もないとダメですから、愛人がいる男性はすごく魅力的だと思います。お金にも余裕がある人が愛人を持つことができるのです。